防ぐために知りましょう。虫歯のメカニズムと治療法

虫歯治療

虫歯の進行と治療

多くの人が悩まされる虫歯。お口の中でどのように進行しているのかご存じでしょうか?

「痛み出したと思ったら、もう大きな穴が開いていた……」

このような経験がある方も多いことでしょう。まずは「敵」を知ることが大切です。なかなか気付かない虫歯の進行と、その治療法について知ってください。

C0:脱灰

エナメル質(歯の表面の層)が虫歯菌に溶かされ始めた段階。痛みはありませんが、歯が少し白っぽくなります。

治療法

この時点であれば、適切な歯磨きやフッ素塗布で治癒します。

C1:エナメル質の虫歯

象牙質(エナメル質の奥の層)まで虫歯が進行した段階です。この部分には神経が通っているため、冷たい物や甘い物がしみるようになります。

治療法

虫歯に冒された部分を削って、詰め物や被せ物をします。

C2:象牙質の虫歯

象牙質(エナメル質の奥の層)まで虫歯が進行した段階です。この部分には神経が通っているため、冷たい物や甘い物がしみるようになります。

治療法

虫歯に冒された部分を削って、詰め物や被せ物をします。

C3:歯髄の虫歯

歯の中心にある歯髄(歯の神経)まで虫歯が進行した段階です。何もしなくても常に激しい痛みを感じるようになります。

治療法

虫歯に冒された歯髄を除去して根管治療を行います。

C4:歯根の虫歯

歯冠部分がなくなり、歯根の先から顎の骨の中まで虫歯が進行した段階です。ここまで進行すると、抜歯の必要が出てきます。

治療法

抜歯して入れ歯やインプラントなどで補います。

歯を傷つけない!「ダイアグノデントペン」

レーザー光によって虫歯を発見する「虫歯診断機器」です。レーザー光を使用することで肉眼では発見が難しい歯と歯の間や、歯の溝にできた虫歯でも見逃すことなく見つけ出せます。さらに虫歯の進行段階まで正確に把握。虫歯の発見率は従来の視診や拡大鏡による診察よりも高いとされています。

ダイアグノデントペンのメリット

  • 歯を削ることなく正確な虫歯の状態がわかる
  • 肉眼では見えない部分の虫歯でも見逃すことがない
  • 短時間で虫歯を発見できるため診療時間を短縮できる
  • 虫歯の進行段階がわかるためスムーズな治療につながる
  • レーザー光を当てるだけなので痛みがない

歯科用CTを活用した根管治療

C3以上の重度な虫歯になると、虫歯菌によって歯髄が死んでしまいます。そうなると、抜歯を回避して歯根を残すためには根管治療が必要です。「根管治療」とは、歯髄が入っている管である「根管」をクリーニングして、歯根の先まで薬を入れる処置のこと。歯根は被せ物などの土台になるため、残すことが重要になります。

しかし、根管治療は難易度が高く、失敗の可能性も低くはありません。その治療の安全性を高めるのが、新浦安歯科医院が導入している歯科用CTです。

安全な根管治療

歯科用CTの活用により、従来では発見が難しかった歯根の先端部にある病巣まで発見できるようになりました。治療前に問題点を把握できるため、安全性が大幅に高まったのです。

虫歯治療はメインテナンスが重要

虫歯治療において、多くの患者様が冒してしまうミス。それは、痛みがなくなったからといってケアを怠ってしまうことです。虫歯は高い確率で再発する病気だということをご存じでしょうか? それを防ぎ、健康な状態を維持するためには、日ごろの自宅でのケアと歯科医院での定期的なメインテナンスが欠かせません。

虫歯のない健康で美しい歯を保つために、ぜひメインテナンスをお受けください。