歯科治療を安全かつ正確に行うための歯科用CT

精密診断が治療成功のカギ

精密診断がカギとなります

虫歯治療、インプラント治療、審美修復治療……。どんな治療にも共通していることは、事前の診断が重要だということです。口腔内の状態をいかに精密に診断できるか。それ次第でより良い治療が可能になり、虫歯や歯周病の予防にもつながるのです。

新浦安歯科医院の精密診断

当院では、どんな治療に対しても最初に歯科用CTを用いた精密診断を行っています。それによって、通常の診断では気づかないような症状の発見も容易になり、より効果の高い治療が可能になりました。

マイクロスコープ
ct02
access07

歯科治療の安全性を高める三種の神器。それは、「マイクロスコープ(GCマイクロスコープ)」「歯科用CT」「カドカム(セレック)」の3つです。これら3点を完備している医院はまだ少ないのが現状ですが、当院ではすべて完備し、あらゆる治療に使用しています。そのため、総合的な質の高い正確で高度な治療を実現できるのです。

当院で治療を受けた患者様の、CTによるメインテナンスは無料となっております。

歯科用CTとは?

コンピュータを駆使して患部の断層3D画像を撮ることができる最新機器です。立体の高画質画像で詳しく診断できるため、通常のX線写真などでは判別できないような症状の原因究明にも役立ちます。

CTそのものは医療の場に置いて以前から活躍していましたが、ミクロン単位の精度が求められる歯科医療には役立てることができませんでした。歯科用CTは、技術の進歩によって歪みの少ない繊細な画像を実現し、より精度の高い治療を可能にしたのです。

歯科用CTのメリット

歯科用CTのもっとも大きな特徴は、3Dの立体画像として表示されることです。従来から歯科医療に使用されていたX線写真では平面での診断しかできなかっただけに、この進歩は大きいといえるでしょう。

正確で詳細な画像

X線写真では見えなかった部分まで、精細な画像で確認できます。断層で表示されるため顎の内部構造まで確認可能です。

病巣まで確認可能

顎や歯のような患部だけでなく、粘膜の状態や病巣のような通常では確認できない部分まで確認できます。

安全性が向上

インプラント治療、矯正治療、根管治療など、歯科医療のあらゆる場面で、より正確な情報をもとに治療ができるため、安全性が高まります。