失った歯を補う入れ歯治療

義歯(入れ歯)

快適に使える入れ歯ができるまで

歯を失ってしまった場合に従来から行われてきた治療が義歯(入れ歯)治療です。従来の入れ歯は発音の不具合や違和感、見た目の悪さなどといったさまざまな問題がありました。しかし、現在では技術の発達によって、より快適に使用できる入れ歯が製作できるようになりました。

入れ歯作成の流れ

問診・診察
すでに使用している入れ歯の問題点などをお聞きします。また、口腔内の状態を確認します。
型採り
患者様の現在の状態やご希望をもとにして入れ歯の製作方針を決定し、ご説明します。その後、精密な型採りを行います。
噛み合わせの検査
患者様の噛み合わせを検査し、そのデータをもとにして新しく製作する入れ歯の噛み合わせを決定します。
調整
仮の入れ歯を装着し、問題点などを調べます。問題があれば、ここで微調整を行います。
入れ歯完成
入れ歯の完成となります。長期にわたって維持するためのメインテナンス方法などを詳しくご説明します。

さらに快適な入れ歯をお求めの方に

入れ歯には保険適用のものと、保険適用外(自費診療)のものの2種類があります。保険適用の場合、素材はレジン(歯科用プラスチック)と決められていますが、適用外の場合は規制がありません。レジン製の入れ歯にあるような違和感や不自然さのない入れ歯が実現します。

ノンクラスプデンチャー

健康な歯に入れ歯を固定するための金属製のバネ(クラスプ)を使用しない入れ歯です。目立たず、金属アレルギーの心配もなくなります。薄く作ることができるため、違和感も減少します。

金属床

歯茎に接触する部分(床)が金属で作られた入れ歯です。薄く作れるため違和感が少なく、熱を通しやすいため食事がより楽しめるという特長があります。

快適に噛むためのメインテナンス

入れ歯に使用される義歯は人工物なので虫歯になることはありません。しかし、メインテナンスを怠ると入れ歯の汚れから細菌が増殖し、歯周病を引き起こしてしまいます。また、入れ歯を使用していると顎の骨が変化してしまい、しっかりフィットしなくなることもあるのです。入れ歯を快適に使用し続けるためには、こまめなメインテナンスが必須です。

毎日のケアはもちろんのこと、定期的に歯科医院に通ってメインテナンスを受けましょう。当院では、メインテナンスに重点を置いて治療を行っています。