Dr.渡邉が心掛けていることをお伝えします

Dr.渡邉の治療理念

Dr.渡邉紹介

院長名

渡邉 嘉一

略歴

1980年
日本歯科大学 卒業
1980年
歯周病学教室 入局
スウェーデン歯周病学やインプラントの研究を行う
1986年
腔友会 佐藤歯科 勤務
1989年
新浦安歯科医院 開業
1991年
医療法人社団 新浦安歯科医院 設立

現在に至る

所属団体

  • 日本歯周病学会
  • レーザー学会
  • 日本東洋医学会
  • インプラント研究会等所属
  • 千葉県 摂食・嚥下指導医

スタッフ紹介

小さなお子さまから高齢者の方まで、安心して起こしいただける歯科医院です。
皆様の来院をお待ちしております。

治療の理念

じっくりと時間をとっての診療説明

当院では診療に際し、時間を掛けた診療内容の説明を行っております。患者さまの現在のお口の状況から、今後どういった目的でどのような治療を行うかをじっくりと説明致します。

医師やスタッフからの説明だけではなく、診療内容に関して文章化したパンフレットをお渡ししたり、院内の待合室では大画面モニターにて診療内容の説明DVDを流したりといった取り組みによって、説明が足りなくなることのないよう心掛けております。

歯科用CTを用いた、より精度の高い診断

CTでの画像診断によって、これまでのレントゲンでは見えなかったものも見えるようになりました。
当院では全ての治療においてCTでの画像診断を行い、患者様の口腔内をより正確に診断できるよう心掛けております。より精度の高い診断を行えるよう、普段の診療だけでなくCTの講習会にも積極的に参加し、日々研鑚を積んでおります。

メインテナンスを重視

歯は、どんなに見た目がよくても実際に噛める歯でなければ意味がないと考えております。治療だけでなく、定期的なメインテナンスによって長く噛める歯を保って頂くことを重視しております。当院ではCTによって適切に口腔内の状況を把握しての、綿密なメインテナンスを行っております。

「水」へのこだわり

診療台で口をゆすぐ水や、治療器具から噴射する水は配管を通った実は汚い水なのをご存知でしょうか。当院で治療に用いる「水」には、すべて電解中性殺菌水を用いております。歯科治療に際し、水は欠かせないものです。より衛生的な水を用いることで、治療後の傷の治りも早くなります。

世界水準の最新機器による院内感染防止

世界水準の最新機器による院内感染防止02

世界水準の最新機器による院内感染防止

院内感染の防止は、場合によっては治療以上に重要です。当院では治療に使用した器具の滅菌に最新の洗浄・除菌システム「ミーレジェットウォッシャー」を使用。さらに真空と上気の注入をくり返して器具のすみずみまで滅菌する、クラスBオートクレーブ「リサ」や「DACユニバーサル」を使用することで、より安全性を高めております。