審美性と機能性を同時に手に入れる歯科治療

審美修復治療

審美修復治療とは?

欠けてしまった歯が気になる…… 虫歯治療で入れた銀歯が目立ってしまう……

このようなお悩みをお持ちの方におすすめするのが、審美修復治療です。見た目の美しさを重視しながらも、機能面でも快適な歯を実現します。歯は、その人の外見に大きな影響を与える要素です。歯の審美性にお悩みの方は、審美修復治療で美しい歯を実現しましょう。

新浦安歯科医院では、短期間で治療が完了する「セレックAC」を利用した審美修復治療を行っています。

セレックACによる審美修復治療

新浦安歯科医院が採用している「セレックAC」は、口を開けた際に目立ってしまう銀歯を1度の通院で白いセラミック製の詰め物に替えるシステムです。セラミックは白さ・透明度・強度のどれもが天然歯に近い、審美修復治療には欠かせない素材です。セレックACでは、歯の形を立体的に撮影し、それをもとにしてセラミックを削ります。

セレックACの特徴

セレックは歯の形を立体的に撮影し、そのデータをもとにセラミックを削るため、型取りの必要がありません。
そのため、1度の通院でセラミック製の詰め物が完成するのです。当院では最新の「セレックAC」を導入しております。
従来のセレックに比べカメラ精度が60%向上し、かつ隣接する歯も分析可能になり、より良いフィット感を得られます。

セレックACのメリット

治療時間
通院回数は1度きりで治療が完了するため、時間短縮になります。
安全性
生体親和性の高いセラミックを使用しているため、アレルギーの心配がありません。
審美性
天然歯と見分けがつかないほど自然で、透明度の高い歯が実現できます。
耐久性
金属並みの高い耐久性を持っています。
設計などをすべてコンピュータ上で行うため、低コストになります。
手間
歯型を採る必要がないため、手間も負担も軽減されます。

従来の治療とここが違う

セレックACを使用した審美修復治療は、従来の治療と比較して多くの違いがあります。

治療法 セレックAC 従来の治療
通院回数 1回 2回以上
治療時間 40~60分 約90分
治療の流れ
  • 1回目
    • 1.虫歯・詰め物などを削る
    • 2.歯の形をコンピュータに取り込む
    • 3.データをもとにセラミックから削り出しを行う
    • 4.できあがったものを装着する
  • 1回目
    • 1.虫歯・詰め物などを削る
    • 2.歯型を採る
    • 3.削った歯に仮の詰め物を入れる
  • 技工所
    • 歯型をもとにセラミック作成
  • 2回目
    • 4.仮の詰め物を外す
    • できあがったものを装着する

キレイな歯を維持するメインテナンス

セラミックは天然歯と同様の見た目を手に入れることができる画期的な歯科素材です。しかし、どんなに天然歯と見分けがつかない状態にできても、それを維持できなければムダになってしまいます。

審美修復治療で美しくよみがえった歯を、美しいままで維持するカギはメインテナンスにあります。健康を維持するためにも、ぜひ当院のメインテナンスをお受けください。