あなたも歯周病かもしれない!?

歯周病治療

口臭、歯肉出血の原因は歯周病

口臭がキツくなったような気がする…… 歯磨きをすると歯茎から血が出る……

このような症状にお悩みではありませんか? 特に痛みがないからといって、放置してはいけません。上記のような症状は、歯周病によって起こっている可能性があります。

歯周病って?

歯周病とは、お口の中のプラーク(歯垢)によって歯周組織が炎症を起こす病気です。それが進行してしまうと顎の骨が溶け出して、いずれは歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の恐ろしいところは、初期段階では自覚症状がほとんどないこと。気付いたときには取り返しがつかなくなっていることも珍しくありません。日本において歯を失う原因の1位が歯周病であることから考えても、注意が必要な病気なのです。

歯周病の進行と治療法

知らないうちに進行し、歯周組織を破壊する歯周病。歯を失わないようにするためには、早期発見・早期治療が重要です。まずは歯周病の進行について知って、異変を感じたらすぐに歯科医院に行くようにしましょう。

歯肉炎

歯肉の部分にだけ炎症が発生した段階です。歯肉が腫れて、歯と歯肉の間にある「歯周ポケット」にプラークが溜まりやすくなります。

治療法

適切な歯磨きや歯科医院のクリーニングで治癒します。

軽度歯周炎

炎症が広がって、顎の骨が少し溶け出した段階です。歯周ポケットも深くなっていきます。

治療法

適切な歯磨きと歯科医院でのメインテナンスが必要です。

中度歯周炎

顎の骨の破壊が進行して、歯がグラグラしてくる段階です。歯周ポケットの深さも4~6mmほどまで深くなります。

治療法

歯科医院でのメインテナンスや薬による処置が必要です。

重度歯周炎

顎の骨の半分以上が破壊され、歯周ポケットが7mm以上の深さになる段階です。ここまで進行すると、歯はやがて抜け落ちてしまいます。

治療法

外科手術による再生療法が必要です。また、歯が抜けてしまった場合は入れ歯やインプラントで補います。

CTを活用した歯周病治療

歯周病の原因は、口腔内の細菌感染です。この細菌によって顎の骨などが溶かされてしまうのですが、歯周病がどの程度進行しているのかを正確に判断するのは困難でした。その判断を正確に行えるようにしたのが、歯科用CTです。

歯科用CTを活用すると、顎の骨の状態を3D画像で確認しながら治療ができるようになります。そのため治療時に起こる問題点などの予測がつきやすく、安全性の高い治療が行えるのです。

バクテリアセラピー

「バクテリアセラピー」とは、人間にとってプラスになるすぐれた善玉菌を体内に補給することで悪玉菌の力を抑える処置です。もともと人の体内に常在している善玉菌を補給するため安全性が高く、安心して受けられます。処置には年齢制限はなく、新生児から高齢者の方まで受けられますので、ぜひお気軽にご相談ください。なお、バクテリアセラピーに使用する錠剤は当院にて販売しており、液体は治療で利用しています。

歯周病治療はメインテナンスが重要

歯周病は「慢性病」です。治療をしたからといって、完全に治るとは限りません。放置すると、すぐに再発してしまいます。それを未然に防ぐ方法――それがメインテナンスです。

日ごろのケアに加えて歯科医院での定期的なメインテナンスを受けることで、常に清潔で快適な口内環境が維持できます。歯周病を効果的に防ぐために、ぜひメインテナンスをお受けください。